雑な処理は禁物!肌が弱い人がするべき剃毛時のケアとは

剃毛前にカミソリはなるべく清潔に

剃毛で処理する事となるムダ毛の部位は大抵、下腹部や陰部といった肌の大変デリケートな部位ですよね。普通にカミソリを当てただけでも肌荒れが起き易い上に、ちょっとでもミスをし毛穴を傷付けてしまえばあっという間に雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまう可能性だってあるのです。こうしたミスからの炎症や肌荒れを防ぐには、カミソリ自体の清潔を普段から保っておくより方法は無いでしょう。出来れば剃毛を行う度にカミソリは新しい刃に取り替えると共に、刃の滑りを良くし肌の傷付きを防ぐ目的でシェービングクリーム等を目標部位に入念に塗るといった対策が理想的です。

アフターケアは保湿に努める事

肌の弱い人は前述の様にちょっとした剃毛の刺激でも肌荒れを起こし易いものですよね。ですから剃毛時だけでなく、その後の肌ケアもまた重要なポイントとなってくるのです。具体的には剃毛後に剃った部位を綺麗に洗った後、刺激の少ないスキンケア用の保湿クリームをしっかり塗る事。ただし陰部に関しては、同じデリケートな部位でも異物で簡単に炎症を起こしてしまう性器や肛門に直接塗るのは厳禁。上手く感覚を掴んで対処したいところですよね。

上手く剃れないからと強く肌に当て過ぎない様に

上手くムダ毛を剃毛処理するには気になる部位をカミソリでしっかり剃れる様な肌の形に持ってゆく事が大事。例えば部分的にくぼんだ部位はいくらカミソリを当てても深部まではきっちり処理出来ませんから、上手く肌や筋肉に力を入れその部分の肌を平面に近付けるか突出させるかし、カミソリを根元にしっかり当てられる様にする事が大事ですよね。そこを工夫せず強引にカミソリをねじ込み剃ろうとすれば、思わぬ怪我に繋がってしまうもの。また気温が低い中手足の剃毛を行おうとすると、時として鳥肌が立ってしまい上手く剃れませんから、室内を十分温める事も必要でしょう。

永久脱毛を東京で行っているクリニックの場合、豊富な施術実績を誇るクリニックが多いため、初めての脱毛に不安を抱えている人でも安心して利用できます。